トランスメディア提供アイコン01 <   2009年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

トランスメディア提供アイコン01 ドラゴンフルーツ


BLGのインタビュー翻訳も何とか無事納品して
(調べ物をもう少し完璧にしたかったけど…)
ちょっとまったりした後、名古屋に出張などしておりました。

近所のスーパーに行ったら
ドラゴンフルーツがリーズナブルなお値段で棚に並んでいたので
ちょっと買ってみました!

e0149840_1616974.jpg

いかにも南国風のルックスに
胸躍らせながら食べてみましたが
ものすごーくあっっっさりした味で
甘みもなく
だいぶ拍子抜けしましたわ。

食べる前にネットでちょっと調べて
“あっさりしてる”とか“追熟しないので流通しているものはあまり甘くない”とか
予備知識は押さえておきましたが、それでもその予想をはるかにはるかに
上回るあっっっさり味だったのです。

食べたあと、さらに調べてみたら、はちみつを入れてジュースにしたり
冷凍庫に入れてシャーベット状にすると、ちょっとはおいしく食べられるらしいです。

でも何か、
この元気な色を見ているだけで楽しい気分になれたので
それはそれで良い買い物だったなと思っております。

そしてこのドラゴンフルーツと一緒に
パッションフルーツも購入。
そちらは追熟するらしく、いま、食べ頃になるのを首を長くして
待ちわびているところです。

e0149840_16161624.jpg
しつこいようですが
こ~んなにジューシーで甘そうなのに
あっっっさり。

サマソニレポートはまた後日。


青英島/鯖トラと白トイプー
[PR]

by brisa_del_mar_7 | 2009-08-24 16:25 | 食べ物

トランスメディア提供アイコン01 BLGのインタビュー翻訳


今日はSummer Sonicの続きを書こうと思っていたら
サマソニに出演したあるバンドのインタビュー素材翻訳の仕事が緊急で舞い込んできました。
尺は26分でスクリプトなし。
今日、水曜の16時に素材を受け取り、納期は金曜日の13:00。
非常にタイトです(T-T)

金曜日はカピねぇとカピねぇのお友達と一緒にJ-Waveのライブに行く予定で
開演は15:30。どうやら、寝不足のままライブに参戦することになりそうです…。

さき程やっと聞き起こしを終えました。
英語のスクリプト提出は必要ないのですが
私は必ずスクリプトに起こしてから翻訳する派です。
明日から弾丸翻訳を開始します。

今日は疲れたから、もう寝るぞ。



青英島/鯖トラと白トイプー
[PR]

by brisa_del_mar_7 | 2009-08-13 01:40

トランスメディア提供アイコン01 Summer Sonic 09 in TOKYO 09/08 (1)


e0149840_19153690.jpg


先週末の日曜日、カピねぇ&バンビちゃん&かげやまさんと、生まれて初めての夏フェス、
Summer Sonic 09 に行ってきました。
それはそれはとてもとてもとてーも楽しかった♪

朝の10時から夜の9時まで大満喫。
友と音楽とアルコールと屋台料理。
最高です。

途中、バケツをひっくり返したようなスコールに見舞われて全身ビショビショになったり
したのも、楽しい楽しい思い出なわけです。
(私はあらゆる天候を想定して、2泊3日分くらいの着替え(バンビちゃんの指摘)を
用意していったので雨もまた楽しでした。でも、暑い夏フェス参戦用に、肉弾を無視した
短パンにTシャツなど、普段、街中では決して着ることのできない戦闘服を用意していき、
行き帰りにはきちんと長ズボン(何かこの響き、衣紋掛けのように古い響きよね。
最近の若者は何て言うのかしら?短パンとは言うけど、長パンとは言わないしねぇ?
パンツって話言葉では違和感ないけどこうやって字面にすると下着感が否めないし。
ロングパンツ?)をはいて帰る予定だったのに、戦闘服に着替える前に、
スブラキのソースをあらゆる箇所にこぼすという致命的ミスを・・・。
これは、意を決して短パンで帰るしかないのか、と苦悶していたのですが、ユニコーン後の
Ne-Yoのステージ準備中ヒマだったので、アリーナLでズボン片手にひとりしゃがみ込み、
しこしことシミを落として、帰りには、無事、足を隠して帰れたのでした(笑))

本題に戻って、会場には10時半ころ到着。
思ったよりも人が少なく、並ばずスムースに会場に入れました。
入場後、朝ご飯を食べていたなかったので、まずは腹ごしらえ(笑)
国際展示場内の屋台をぐるりとまわって、ケバブを食べることに。
そして、食べ物だけでは寂しいので、バンビちゃんと私は、
景気づけにコロナを1杯。
健全なカピねぇは、私はまだいいや、と言っているにもかかわらず
「なぜ?どうして?一緒に飲もうよぉ~」と3回くらい押した末、
カピねぇに軽くキレられる(笑)
だってaquaは一緒に良い気分で笑いたかったんだよ~。
ま、アルコール入ってなくても、十分一緒に笑えるんだけどね。

腹ごしらえも終了して、さあ、まずは、IslandステージのTRICERATOPSへGo!と
地図を片手に移動を始めるが、3人で迷うこと30分。
だってね、地図では明らかに球場まで歩いて行けるような道が、
“わざわざピンクの道”で記されてるのに、そこは閉鎖で通り抜けできないという事実。
さらに会場には、こっち行くとなになにステージだよ~、みたいな看板が一切ない!
不親切にもほどがあります。
結局、Information Deskのおねぇさんに行き方を確認して、ようやく球場への
行き方を把握し、移動開始。
でも、10分後くらいにIslandステージに到着した頃には、すでに入場規制で中に入れず。
TRICERATOPSに強い思い入れのなかった私とバンビちゃんは、次のIslandステージの
AmiYumiちゃんのパフォーマンスをご所望のカピねぇをそこに残して、その日第一の
お目当てのThe Temper Trapの会場となるSonicステージ(国際展示場内)にとんぼ帰り。

涼しいクーラーの効いた大きな箱の中で、地べたに座りながら、Tame Impala
というオージーバンドのパフォーマンスを見ながら、次のTTTの出番を1時間ほど
待ちました。
Tame Impalaとやらは、ドラムの音がめちゃめちゃ格好良かったけど、ギターサウンドが
あまりキレイに聞こえなくて、そんなに惹かれませんでした。
あの音で、どんな歌詞を歌っていたのかはちょっと気になりましたけど。

Tame Imparaのステージが終わって、ステージに近い中央部にちょっと移動。
The Temper Trapは、まだまだ日本ではマイナーなバンドなので、
観客も少なく、すんなり前に行くことができました。
そして、ドキドキしながらメンバーの登場を待つのでした。

(つづく)

青英島/鯖トラと白トイプー
[PR]

by brisa_del_mar_7 | 2009-08-11 19:18