トランスメディア提供アイコン01 どぜうを食す Part1


先日、英語講師の先輩S先生に、銀座のどぜう(どじょう)屋さん
『駒形どぜう』に連れて行ってもらいました。
(当日、カメラを忘れてしまったので残念ながら画像はなしこちゃんです…。
上記HPを参照プリーズ)

どぜうなんて、とてもとても小さい頃、
それはもうきっと30年くらい前に、一度だけ食べたことがあるきりで、
ほぼお初に食すも同然。
本当に初めて食したその時はおそらく、
珍しい食べ物だという認識はなく、
アジとかイワシとかと同じ感覚の“お魚”として食べたものだと思われます。
そしてそれ以来ずっと、どぜう食とは無縁の人生を送ってきました。

というのも、実はどぜうに関しては、ちょっとした心のトラウマがあったりします。

私が小さい頃、我が家では、水槽で金魚を飼っていました。
その水槽には、時に、たなごなど、別の魚が同居することもありました。
そしてある日、なぜか、5匹ほどのどぜうが家にやって来ました。
当然の流れで、どぜうたちは、金魚の水槽に放たれます。
水の生き物が好きな私は、水槽の中でくねりくねりと泳ぐ珍客の姿を、
わくわくしながら眺め続けていました。
新しい生き物が家族に加わるというのは、
例えそれがどぜうでも嬉し楽しいものでした。
夜になり、「また明日ね。」と、どぜうたちに声を掛け、
私は、水槽の電気を消し、そして部屋の電気を消して、眠りにつきました。

次の日の朝。
どぜうさんたちどうしてるかなー、とるんぴるんぴ♪と水槽に目をやると
そこにはとてもショッキングな光景が…。
どぜうさんたちが、
一匹残らず、全員5匹、
水槽の右に、左に、裏側に、
それぞれ飛び出て、
床の上でぐんにゃりと、
窒息死…。

がーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーんっ。

私の小さな心は一瞬で張り裂けました。
どぜうさんたちが…、どぜうさんたちが…、
昨日はくねりくねりとかわいかったどぜうさんたちが、
床の上で、
ぐんにゃり…。

その頃はまだインターネットとかなくて、
“どぜうの正しい飼い方”なんて調べられずに、
私たちがその時に提供した水槽は、
どぜうさんが生きるには過酷な環境だったのでしょう。

その後のことは、全く覚えていませんが、
おそらく他の魚たちが世を去った時にそうしていたのと同じように、
近所の空き地にお墓を作って埋めたのだと思います。

と、そんなトラウマを心に負った私は、どぜうという言葉を聞くたびに、
その光景が鮮烈に目の前に広がり、心が痛むので、
それ以来ずっと、どぜうを避けて生きてきました。
(というか、東京に普通に暮らしていれば、避けようが避けまいが、
多分どぜうさんとは無縁の生活を自然と送ることになるのだと思います(笑))

もうあの事件が起きてからかなりの長い年月が過ぎ、
そろそろ、あのトラウマを乗り越えても良い時期かなと思った私は、
S氏のお誘いに喜んで同行させていただきました。
(というか、年を重ねて、繊細な心が徐々に劣化して、
平気になっただけという説も有ります。)

と、前置きが長くなりましたが、どぜうディナーのお話です。

くだんのお店、『駒形どぜう』の構えは、趣のある古い日本家屋。
そして、そこには“創業210年”の幕が掛かっています。
何と210年って!?
1800年なんて、まだ徳川幕府の時代、ヨーロッパではナポレオンが活躍している頃?
その時からずっとずっとどぜうを庶民に提供し続けているって、
凄すぎます…。

とても人気のお店らしく、まだ6時半くらいでしたが、
既に外で10人以上の人が待っていました。
とは言え、回転が速いので、ものの10分程で中に。

私たちが通されたのは、畳の座敷エリア。
テーブルはなく、高さ3センチ、幅30センチ程の板が、
広い座敷を数枚横断していて、
その両脇に、丸い座布団が、並んでいる状態です。
きっと創業当時のレイアウトだと思うのですが、
これが現代人にはちょときついのです。
何しろ、座布団と座布団の間が狭くて、
あぐらをかいたら、隣の人と膝がぶつかっちゃいそうなのです。
ちょうどこんな感じ。

e0149840_20365563.jpg

私たちは一番奥の右から2番目のところに通されたのですが、
私たちが入る時、お店の人が、一番右に座っていた中年夫婦に、
「もうちょっと左に寄ってください」と言うと、その旦那さんは、
「もういい加減にしてくれよ。
さっきから食べてる途中に、左に寄れ寄れって、もう3回目だよ。
これ以上寄ったら、板の間で脚が痛いんだよ!」
とぶちきれていました。
でも、旦那さんの言い分は正しかったと思います。
私たちも、「ここ、狭いですよね~」と口調を合わせながら、
何とかお尻をねじ込みました。

とここまで書いて、
とても長くなったので、
お味の感想など、続きは明日!(笑)


青英島/鯖トラと白トイプー
[PR]

by brisa_del_mar_7 | 2010-08-29 21:20

<< もう1匹。。。 ☆ 復活 >>